2017/01/22

CTACでのBMW CUP TC-L チャンピオンカー

珍しく連投です!笑

先ほどSUVアタック動画(笑)を上げたばかりですが、
肝心のE36 318のアタックはどうなんだ!?ってことですよねぇー。


BMW CUP2016 最終戦 RED CAT CCis

CTACで今まさにアタック!中のCCキタジョーさんから情報が上がって来てますのでこっそりとタイムを。

BMW CUP TC-Lクラスチャンピオンカーは、
車重約1030kg/Eng.MAX6500rpm(ノーマルと同じ)/Rウイング
そして2017年仕様としてCCE製フロントアンダーパネルを装着してあります。
アンダーパネルは良く考えられて作られてました。

CTAC 冠スポンサーの名神タイヤさん

事前にもてぎでテストした時はかなりマシンバランスがアップしたように見受けられました。

コーナーワークでのアクセル開度が高く、挙動も安定してるんですよ。

E36 318is Nクラス(内装付き軽量化無し)ラジアルタイヤのセントラルサーキットタイムは33秒台。これでもかなりハイレベルです。

このタイムは確実に上回ると思ってましたが、RED CAT CCisはFSWや筑波にもてぎメインでセットアップされてる+昨日のセントラルは路面コンディションがNGでしたので、ほぼぶっつけ本番です。

タイムは、




路面状況がまだまだなのか、Nクラスタイムより少し上回った様子です。


多分このセッションで走りながらバランス確認し、走らせ方をこのマシンに合せるべく調整してると思われますね。

そして午後。




30秒台!

1900cc 150psのBMWですよ。
なんと言ってもMAX6500rpmしか回せない非力なエンジンで出したタイムですから素晴らしいと思います!




嬉しい勢いでこっそ~りタイムシートを公開しちゃいます。笑


さすがのCCキタジョー選手!


そしてこの後に

1'30.89 を出した!!のは現場とここだけの最新情報です!☆

RKW78





0 件のコメント :

コメントを投稿